あらまき'sブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS オンライン診療を開始 その2

<<   作成日時 : 2016/06/23 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オンライン診療について今日もブログを更新します。

あらまき内科クリニックのオンライン診療では対象となる疾患を設定しています。
下記の疾患が対象となります。

保険診療では、
・高血圧症
・脂質異常症(コレステロールや中性脂肪)
・高尿酸血症
・甲状腺疾患
・その他(高齢で通院が困難な方など)

自由診療(保険適応外)では
・男性型脱毛症(AGA)治療
・糖尿病セカンドオピニオン(他の医療機関で受けている糖尿病診療に関する相談。処方などは行いません。)


いずれも症状が安定し、直接の診察、検査が3-6か月ごとで大丈夫と判断された方が対象となります。
お気づきの方もおられるかもしれませんが当院は糖尿病を中心に診療を行っておりますが糖尿病はオンライン診療の対象になっていません

この理由はこれらのオンライン診療の対象となる疾患と較べて糖尿病は短期間に善くも悪くもなる疾患だからです。大病院や糖尿病を専門としないクリニックでは糖尿病のお薬をポンと2-3か月分まとめて処方したりしているのをよく見かけます。血糖コントロールは日々の食生活や運動の量で刻々と変わることはもちろん、気候にも大きく影響を受けます(概ね冬は高血糖になりやすく、夏は低血糖のリスクが高まります)。また数か月ごとの診察では血糖コントロールが悪化しても患者さんにあまり危機感がなく、「そういえば2か月前は外食が多かったからそのせいかなー。でも最近は大丈夫だと思う。」とおっしゃり、生活パターンもお薬の内容もダラダラとそのままとなり、血糖値がその後も悪化し続けることがよくあります。また基本的に糖尿病は徐々に進行する性質を持っていますの最適なお薬の内容も刻々と変化します。さらに数か月分のお薬を処方すると徐々に飲み忘れがひどくなったり、受診も途切れがちになり、最悪糖尿病治療が中断されてしまうこともしばしばです。これまで何例も糖尿病治療を中断したことで血糖値が異常に高くなり、合併症が進行して大変なことになってしまった患者さんのお話しを耳にします。
画像


糖尿病専門医でもある私からすると1年に数回しかお逢いしない方の糖尿病を診るということは非常に無責任な行為だと思えるのです。もちろん患者さんによっては「そんなに必死にならなくても適当にやってくれたらいいのに」と思っておられる方もおられるかも知れませんが、あらまき内科クリニックでは糖尿病の患者さんお一人お一人に年間の検査結果、合併症の評価などを記録するシートを作成し、また毎回色んなお話しをしながら患者さんの体調や生活の変化なども把握してきめ細かな診療を心がけています。うちに通院してくださる糖尿病の患者さんに「あらまき内科クリニックで診てもらっててよかった。」と5年、10年先に思ってもらえることが私にとっての最高の喜びなのです。

長くなりましたがこのような背景から糖尿病はオンライン診療の対象にはしておりませんので悪しからずご了承ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オンライン診療を開始 その2 あらまき'sブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる