3つの関門無事通過

今年は資格に関する関門が3つもあり苦労しました。

その3つとは
糖尿病専門医資格の更新
糖尿病研修指導医資格の取得
総合内科専門医資格の取得
です。

最初の糖尿病専門医資格は、普段行っている糖尿病診療や一般の方々に向けた糖尿病に関する教育講演・糖尿病教室などの資料をまとめて学会に送るだけなので手間はかかりますが難しいことはありません。

問題は残る二つです。

まず糖尿病研修指導医の資格は基本的に大きな病院で研修医に対して糖尿病診療について指導するための資格です。資格取得のための審査を受けるには入院が必要なくらいの難しい症例をどの程度中心的に診察を行ったかの経験をまとめなくてはなりません。 独立してクリニックを始めてからの4年、当然入院患者さんを診察することがないので必然的に前勤務先に出向いて自分で担当した患者さんの情報を収集しなければなりません。 元上司の先生に許可をいただき、仕事終わりに何度か病院にお邪魔して事務の方々のご厚意で電子カルテを使わせていただきながら過去のカルテから情報を集めました。 提出した資料のチェックも厳しく、後日審査の先生からご指摘いただいた点について修正・加筆してなんとか認めていただきました。

最後の総合内科専門医試験。これは本当にタフ(大変)でした。
医学が進歩してひとくちに「内科」といっても呼吸器、循環器、血液など専門分野に細分化されており、それぞれが私が医師免許を取った時に較べても格段に進歩しています。試験勉強中、さすがに自分の専門分野は解けますが、その他の分野はまるっきり「???」の問題ばかりでした。 特に最後の1か月は医師国家試験受験以来の勉強時間でした(歳をとり10勉強しても残るのは6くらいと能率も悪く。。)
9月に行われた試験も途中で抜け出したくなるくらいの難しさでしたが、先日結果が郵送され、なんとか及第点をいただきました。

誰を指導するわけでもない私にとってはあまり必要のない試験だっかもしれませんが、終わってみると久しぶりに机にむかっての勉強もいいもんだと、、思えません。本当にしんどかったです。。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • いと

    感動した☆ハナシは変わるけどまた遊んで♪
    2016年12月06日 23:05
  • あらまき

    この試験が秋葉であったので呼び出そうかなと思ったけどさすがに前日は勉強したよ。また上京の際には遊んでやってください!
    2016年12月07日 08:29

この記事へのトラックバック