インフルエンザ流行中

昨年は暖かかったこともあり、ほとんどインフルエンザの患者さんはいなかったのですが、1月になってから急激にインフルエンザA型が増えています。

そしてなんと我が家の子供までが昨日から体調不良を訴え、今日検査をすると、、はい、A型陽性でした。
画像


さて今日は祝日で病院はやっていないし治療はどうしましょうか?

結論は何もしませんでした。

子供が苦しんでいるのにひどいと思われたでしょうか?
実は子供のために何もしなかったのです。

基礎疾患(持病)がない若年者の場合、インフルエンザは数日安静にしていれば自然に治りますし、自力で回復する過程でインフルエンザに対する抵抗力(免疫)が蓄積されます。この蓄積された抵抗力で来年以降のインフルエンザに感染しにくくなり、さらには将来発生が心配されている新型インフルエンザにも抵抗力を発揮することも期待できるようになるのです。

クリニックでも以前からインフルエンザの患者さんに治療の"不必要性"を説明してきましたが、ようやく最近になって少しご理解いただき、薬の処方なしで帰宅される方が増えてきました。

さらに風邪やインフルエンザによる発熱、咳、嘔吐、下痢などは感染に打ち勝つための体の防御作用なのです。よほど症状が強くて睡眠を妨げるようでない限りは解熱剤やせき止めは飲まないようにしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック