顔を触るな!

前回の投稿では「いつもの風邪」をひいたときには病院に行かずに自宅で安静に、と書きました。
注)「いつもの風邪」ではないような症状の時は迷わず受診してください。
でも一番は風邪をひかない、つまりウイルスに感染しないことが大切です。

今回はこのウイルスにできるだけ感染しないコツについて自分が実践していることを書こうと思います。
ちなみに風邪のウイルス(RSウイルス、(普通の)コロナウイルスなど)、インフルエンザウイルス、今世界を騒がしている新型コロナウイルスにも有効な方法です。 

ウイルスは世の中のどこにでも存在します。つり革、ドアノブ、お金、スマホなど人が触るものにはすべてウイルスが付着していると言っても過言ではありません。ホテルや公共機関のテレビのリモコンは便器より汚い(ウイルスや細菌が多い)とまで言われています。つまりウイルスがいない環境に身をおくことはできないのです。新型コロナウイルスも国内で感染者が増えるのは時間の問題でしょう。こうなったら自分の身は自分で守るしかありません。

ではどうすればいいか、それはこの記事のタイトルにもしていますが「顔を触らない」ことです。

ウイルスの体内への侵入経路は口、鼻、(まれに目)です。ここさえ完璧にガードすればウイルス感染は起こりえません。
もちろん呼吸や食事をしないわけにはいかないので、大切なのは口や鼻にウイルスをできるだけ寄せ付けない、ついてしまっても早めに洗い落す、死滅させることです。

色々なものに触れる私たちの手はウイルスや細菌だらけです。いくらマスクをしていても、この不潔な手で顔に触れるのは、ウイルスを顔に塗りたくっているのと同じ行為です。ましてや手で食べ物をつまんで食べたり、鼻をほじったりするのはウイルスを体内に招き入れていることに等しいのです。

できるだけ小まめに手を石鹸で洗う、十分量のアルコールで消毒することで手に付着しているウイルスを減らし、なおかつ手で顔に触れない、うがい(水で十分)、鼻洗浄(鼻うがいやアルコールを浸み込ませたティッシュで拭く)を小まめに行えばほとんどウイルスに感染することはありません。1日に多くの風邪やインフルエンザの患者さんを診察する医師たちがあまり風邪をひかないのはこれを徹底しているからです。

小さいお子さんに顔を触るな、口や鼻に指を入れるなというのは難しいのでお子さんたちが触れるものをアルコール消毒したり、手を小まめに洗ってあげてください。

新型コロナウイルスでも不必要に怖がらずに淡々と自分の身を守る行動をお願いします。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント