テーマ:その他

英検に挑戦!

新型コロナ騒動も一旦は落ち着いてきましたので久しぶりの更新です。 半年も前になりますが今年の初め、30数年ぶりに英検を受験したので経過を振り返ってみました。 (医師会誌に寄稿したものを転載したので長文です。。) 当初は最難関の1級への挑戦を考えましたが、1級合格に必要とされる単語はマニアックなものが多く、今回は少し弱気に準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れレイクスターズ!

地元滋賀のプロバスケットボールチーム、レイクスターズの試合を観戦しました。 今シーズン、残念ながら成績は振るいませんが、新しい外国人選手が加入してから見違えるように強くなっています。 トップリーグに残るためには戦績もさることながらアリーナの整備など課題も多いのですが、少しでも盛り上げなくてはと残る3、4月の観戦チケットをまとめ買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の1日

今日はせっかくの連休最終日でしたが、みぞれが降る寒い1日でした。 寒いのが苦手な私はこのような日はどこにも行く気が起こらず、家で読書することに決めました。 来月の講演準備や書類仕事が山積みですが現実逃避です。。 自宅近くの本屋さんで何冊かの本を買い込んできて1日中読みふけっておりました。 なにかと暗いニュースの多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滋賀レイクスターズバスケットボールスクール

最近バスケットボールに関心があります。 学生時代にラグビーをやっていた自分にはコンタクトプレー(激しく体をぶつけるプレー)がないスポーツは退屈、という誤った認識があり、実はこれまではバスケットボールにはほとんど興味がありませんでした。 しかし今年から子供が学校のバスケットボールクラブに所属したこともあり、週末には自宅近くのバスケ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気をもらいました。

最近、とても素晴らしい写真家の存在を知りました。 熊本県にお住まいの西本喜美子さんです。現在(平成29年)で88歳とご高齢ですが、この方の写真がとにかく素敵です。すでにテレビなどで取り上げられているのでご存知の方もおられると思います。 西本さんはアートディレクターである息子さんの影響で72歳にして写真を始めたのですが、その作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイビスカスを見直した

ホームセンターで鉢植えのハイビスカスを買ってきました。 これまでハイビスカスは南国リゾートのイメージ写真くらいでしか見たことがなく、真っ青な空をバックに花びらの強烈な赤色とおしべの黄色のコントラストの強さから、「庭で育てたら長い間咲き続けて、他の草花を圧倒するくらいの存在感を発揮するんだろうな」と漠然と思っていました。 とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

母校のような存在

とある用事で和歌山に日帰りで行ってきました。 用事を済ませての帰りに医師免許をとって2年目からの3年間を過ごした病院を訪れました。 私がいたときよりも3-4倍くらい建物は大きくなり、たたずまいも斜に構えたようなお洒落な雰囲気になっています。 あまり当時の雰囲気は残っていませんでしたが、受付ロビーに置いてある大きな振り子時計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不覚にも

風邪をひいたようです。。 クリニックでたくさんの風邪の患者さんと接触するから?ちがいます。自分の家族からもらっちゃいました。。 油断していました。 このブログでも書いておりますが、風邪(ウイルスによる上気道感染)を早く治す薬はありません。咳止めや解熱鎮痛剤も咳や発熱などの症状を服用後の数時間だけごまかせるだけで、むしろ風邪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

秋来たりなば。。

虫の歌声も、空気のにおいも秋ですねー。 寒いのが苦手な私ですが、秋の情緒は大好きです。 でも秋来たりなば冬遠からじ。。 (本当は”冬来たりなば・・”ですね) これから風邪やインフルエンザの流行期、気合入れて行きます!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

実りの季節

異常に暑かったかと思えば、残暑を感じることもなく大雨による災害のニュースに心を痛める。 おかしな天候がむしろ当たり前になってきているような気がします。 それでも今年も例年どおり黄金色に実った稲穂を見て、ほっとするというより新鮮な驚きを感じるのは私だけでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日から新年度

明日からは新年度が始まります。 日本では4月に入学式があり、また新学期が始まります。 よってセンター試験や入学試験は1月、2月に実施されるのですが、ちょうどこの時期は風邪やインフルエンザの流行時期と重なり、受験を前に発熱などの症状が出たお子さんを連れて来院される親御さんの表情は必死そのものです。 そんな状況を間近で見ていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒いのは苦手ですが、滋賀にこれほど雪が積もるのも珍しいので。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満たされていない幸せ

自分が幸せかどうか、それは自分以外の他人には絶対にわかりません。。例え家族であっても。 それでいて自分にとっての幸せとは何かと訊かれてもよくわからない人がほとんどではないでしょうか?少なくとも私はそうです。 悩みや心配事もなく、働かなくても一生遊んで楽しく暮らせるのが幸せか? 違います。 先日、新聞で「下りのない人生、それは遭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kさん

あらまき内科クリニックの開院当初から事務スタッフとして働いてくれたKさんがご結婚を機に退職することになりました。 彼女は大学を卒業したその年にクリニックの求人に応募してくれ、書類選考・面接を経て採用させてもらいましたが、はっきり言って「当たり!」のスタッフでした。 大学卒業したてということはつまり実社会で正式に働いたことはないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一生心に刻まれる映画

松本清張原作の映画「鬼畜」を約30年ぶりに観ました(ネタバレ注意)。 この映画は商売が傾き、経済的余裕がなくなり養育費が払えなくなった印刷屋の主人公宗吉(緒方拳)とその妻お梅(岩下志麻)のところに3人の子供を抱えた愛人菊代(小川真由美)が乗り込むところから始まります。  菊代は子供を残してすぐに失踪してしまい、自分に子供ができな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通勤、往診の途中で。

4月も後半に入りました。 年々時間の速さを実感(痛感)します。 ようやくご近所の皆さんにもクリニックが認知されてきたようで、予防接種、花粉症、風邪などで繰り返し受診してくだり、顔なじみになった方も増えてきました。 クリニックへの通勤や患者さん宅への途中で車から、歩道を歩く馴染みの患者さんを見かけることもよくあります。 先日はこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖の風景

滋賀県は交通通過県、つまり多くのひとが移動の途中に通過するだけとも言われたりもしますが、琵琶湖という日本最大の湖を抱え、その東側には平野が広がり、西側は比良山系が連なり、実はとても美しい風景が多いのです。また琵琶湖とともに育んできた文化も素晴らしいものがあります。 先日、かねてから写真に収めたいと思っていた風景を琵琶湖大橋の上から撮影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の気配

異例の猛暑が続いたこの夏。 38度前後の気温は当たり前、40度を超えた地域もニュースになったことも。 また雨が少なく水不足を心配したかと思うと、ゲリラ豪雨で川の氾濫を心配しなければならなかったりとここ5年ほどはそれ以前の天候と大きく変わってきているようです。 先週末は中国地方を中心に記録的な豪雨があり、近畿地方でも土曜日、日曜日と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民のレベル

最近、ラーメン屋、ステーキハウス、コンビニなど食品を扱う店においてバイトの店員が食べ物を食べ物と思わないような悪ふざけをして、その様子をフェースブックやツイッターに載せて問題になるというニュースが世間を騒がせています。 上記のようなニュースだけでなく、外食をするときにもしばしば首をかしげざるを得ないような光景に出くわします。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

the longer, the better?? 長寿は幸せか。

今日のYahoo USのニュースより "Afraid of living too long?" と題して、アメリカにおいても平均寿命の延長によって従来の人生設計では晩年に生活費がショートしてしまう、これに対して"長寿保険"への加入も検討されるとの記事が掲載されています。 保険とは万一善くないことが起こったときに備えるものとの認識です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飴4つ、5つ?

訪問診療に伺う80代の女性。 認知症をお持ちで、2週間ごとにお会いするのですが、私のことを忘れておられるようで、毎回初対面のように緊張されます。「いつも診察させていただいている者ですよ」と声をかけながら体調について尋ねたり、気候の話しをすると徐々に表情が明るくなります。 そして必ず最後には「忙しいのにわざわざありがとう。なんのお構い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眼を見て話す

先日、初めてクリニックを受診された患者さんが診察の最期に一言、 「先生は(電子)カルテに入力しながらでも、ちゃんと顔を見て話してくれるので嬉しかった。」とおっしゃってくれました。 意識をしてお顔を見るようにしていたわけではありません。患者さんの話しだけでなく、表情や動作からもその患者さんが何を求めているのかを掴みとろうとごく自然に接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013仕事初め

新年明けましておめでとうございます! 新しい一年が始まりました。昨年は(ここ何年も?)不況だの、外交問題だのとフラストレーションが溜まることが多かったですが、今年が少しでもよい年になりますように。 安倍内閣に期待しますが、これまでの内閣総理大臣は就任時には魅力的でも、徐々に色あせていくパターンが続いています。野党もどうでもいいような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療と英語

医学に関わる人の仕事のひとつに、世界中の同じ分野で働く人々への情報発信があります。もちろんその際には英語を使うことが標準になっています。 私の友人は京都でCHOICE Englishという英会話教室を開いていますが、医理工系の英語論文校正やプレゼンテーションの発表原稿校正・録音サービスも行っています(CHOICE proofreadi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SANDY

超大型ハリケーンSANDYがアメリカやカナダを襲いました。テレビのニュースでは強風で大木がバタバタと倒れている映像や、イーストリバーが氾濫、地下鉄の線路が水没している映像が流されていました。ニューヨークに留学中の友人から一家は無事だとのメールをもらい、ほっと胸をなでおろしています。この友人一家の住むマンションはイーストリバー沿いにあり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菊野君

医学生時代の同級生、しかも同じラグビー部に所属していた菊野君が本を出版しました。 夏ごろにたまたまネットで著書の宣伝を見つけましたが、最初は「同姓同名の医者もいるもんだ」としか思っていませんでした。しかし先日、AMAZONで著者の経歴を見てみるとまさしく同級生の彼でした。 学生の頃の彼はとても優しい人柄で先輩からは可愛がられ、後輩か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

K君

以前にもブログで紹介しましたが、高校時代の友人K君が超一流企業を退職し、医学部に学士入学しました。 入学後さっそく始まる授業にむけて様々な教科書の購入指示があったようです。でも医学の教科書は売れる部数が少ないためかとぉーても高価です。なんでもないような雑誌みたいなものでも5,000円前後、ハードカバーの立派なものだと20,000円前後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

趣味

今回は趣味の一つである「ギター」をテーマにします。 ギターといっても音楽的才能は全くといっていいほどに持ち合わせていない私にとっては、ギターは「弾く」ものではなく「いじる」ものです。  いわゆるエレキギターは弦の振動をギター本体に装着した「ピックアップ」とよばれるパーツで電気信号に変換し、これを「アンプ」とよばれる機器に送ることで再…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

同級生

9月15日、大阪梅田で高校時代の同級生4人が集まりました。 きっかけは8月にそのうちの一人、大手のハウスメーカーに勤務するK君からある大学の医学部に学士入学することが決まったとの連絡でした。すでに一流企業で確固たる地位を築き、小さなお子さんもいるのに、また学生に戻るとは相当な決断が必要だったと思います。今月末には一家で大学のある地方に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

911

2001年9月11日にアメリカ同時多発テロが発生してから11年が経ちました。 当時日本赤十字社和歌山医療センターの循環器内科に所属していた私は、同僚たちとお酒を飲んでいました。備え付けられていたテレビに映し出されるとても美しい青空を背景に白煙をあげるWTCの映像を観て、新作の映画か何かかなと思ったことを記憶しています。その後、時間を経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more